とまと あんらいぷ…

エンジニアの活動記録とかつぶやきとか

GitHub
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月もサボり!

前向きにサボる!これ大事
スポンサーサイト

仕事のため

今月は仕事が多忙すぎてサボり更新です。
※広告回避

ヘッドセットのマイクがWindows 10で拾えない

KOTION EACH G1000 のマイク



KOTION EACH G1000のヘッドセットをWindows 10で認識させようとしても
音声を拾ってくれないトラブルに巻き込まれていました。

OSの設定をどれだけ弄ってもだめ。ドライバは汎用ドライバを使っているはずだし・・・

と、ヘッドセットの本体を見てみると・・・

KOTION_EACH_G1000

ん???

本体にスイッチがあるんだね。

アプリ屋さんなのでハードの方に目を向けていませんでした。

恥ずかしい。

サボり

今月のサボり記事

PowerShellで"dir /b"コマンドを打つとエラーになった

PowerShellでファイルの一覧を得る


Windows 10になってから、フォルダ内でShiftと右クリックを押して出てくる「コマンドウィンドウをここで開く」が消えた。
かわりに「PowerShellをここで開く」になった。

ということは、慣れ親しんだコマンドウィンドウがお手軽に起動できなくなり、PowerShellをお手軽に使えるようにならないといけないわけです。
dirコマンド。。。便利なのになぁ。

PowerShellでdirを呼び出す


PowerShellでは、『動詞-述語』というようにコマンドが定義されている。
そのため、やりたい事をなんとなく探すには便利です。
また、コマンドウィンドウとの互換性をなんとか保つために、aliasというコマンドに対する別名が定義されています。

PowerShell上でaliasと打つと、その定義一覧が表示されます(めちゃくちゃあるので割愛)

もちろんdirコマンド(風)も定義されていて、その実態はGet-ChildItemコマンドのようです。
dir -> Get-ChildItem

PowerShellにおけるdir は、Get-ChildItemの別名なので、もちろんいままでどおり
dir /b

なんて打ち込んでもエラーになります。
PowerShellで dir /b したらエラーになった

Get-ChildItemのパラメータ


日本語のヘルプは見つけられませんでしたが、オンラインヘルプがコマンドラインよりは充実しています。
Get-ChildItem
これによると、
「-name」パラメーターが/bに該当するパラメータのようです。

さっそく、dir -name と打ち込んでみます。
Example 5: Get the name of items in the current directory

PowerShellで dir /b したらエラーになった

できました。

PowerShellに慣れていくべし


さて、Windows 7以降何かとPowerShell推しなマイクロソフトさんですが
とっつきにくかったPowerShellはどんどんパワーアップして、コマンドラインの新機能は停滞していきます。

そうなると、いつかは 「とっつきにくい < 便利」 になり、コマンドラインが時代遅れになっていく日も近いかもしれません。
最悪の場合、コマンドラインは廃止なんてことにもなりかねません。
mspaintも paint3dに変わったしね。

というわけで、コマンドラインを使っていた方はそろそろ見切りをつけて、PowerShellに馴染んでいくことを強くおすすめします。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。