とまと あんらいぷ…

エンジニアの活動記録とかつぶやきとか

GitHub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SQL Server】リモート経由で行なうバックアップに必要な設定まとめ【リモート操作】

SQL Serverをリモート経由でクエリ操作を行ったり
BACKUP DATABASE TO DISK の対象にSQL Serverから見てリモートにあるドライブにバックアップファイルを出力する場合、セキュリティによってアクセスできない事があります。

DBから共有フォルダ等にバックアップを行なうには
以下6つの設定が必要になります。

バックアップファイルを受け取るクライアントマシンAの設定

バックアップ用ユーザーアカウント作成

共有フォルダの有効化とアクセス許可設定

DBサーバー(リモート端末より操作される)の設定

SQL Serviceのログオン権限付与

ファイアウォールの設定(SQL ServerとBrowser)

SQL Serverのリモートログオンを許可する

構成マネージャーでTCP/IPを有効にする


例えばTO DISKにリモートドライブを指定した時に返ってくる例。

実行コマンド


実行結果
バックアップ デバイス '\\pc01\Backup\backup.bat' を開けません。オペレーティング システム エラー 5(アクセスが拒否されました。)。


セキュリティに関する設定が行われていない場合、アクセスが拒否されエラーとなります。

というわけで、SQL Serverに対してリモート操作、及びSQLサーバーからリモートドライブへのアクセスに必要な設
定をまとめました。

この設定は
クライアントマシンAからSQL Serverにバックアップコマンドを発行し、
SQL ServerからクライアントマシンAに対してバックアップファイルを作成することを想定した
構成を元に記載しています。

20130128_バックアップシーケンスPNG

詳細な手順は以下 続きを読む
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。