とまと あんらいぷ…

エンジニアの活動記録とかつぶやきとか

GitHub

離婚調停 陳述書の公開(第6回)

前回離婚調停 陳述書の公開(第5回)の続きです。

離婚調停も終盤を迎えました。

私は、元配偶者が住んでいる住宅ローンの支払いと
自身の生活の支払いを行なっていたので経済的に全く機能しておらず
離婚しないにしても、住宅を売却して住宅費負担を減らし
お互い同じ水準の生活を送りたいと訴えかけておりました。

それでも、離婚はしない、マンションの売却にも応じないという回答だったので
「自己破産するしかない」と心を決めた途端、離婚請求を行われました。
これには調停員さんもびっくりしたようで「よかったですね」と言われました。

相手方の主張は以下の通りでした。
①離婚する
②マンションの売却は行わず名義変更は1年後に行う。
 それまでの間、住宅に関連する費用は妻側で支払う。
③親権は妻側とする
④養育費は審判により決める

住宅費用を払う??お金ないって言ってたのでは・・・
というのが調停員さんの第一の疑問でした。
それに対して、婚姻生活中から、元妻の家族が殆ど我が家のように出入りしていたので
支払いには問題ないと思いますと回答しました。

ただし、住宅ローンの名義変更は私のままで
マンションの名義だけを妻にすることは非常に問題です。
というのは、銀行から住宅ローンの融資を受けるときには
必ず私かその家族が居住していることが条件となっているのです。
それが破られたとなると、ローン残高を一括して返却するように請求されても仕方がありませんし
万が一元妻側がローンの滞納を行った場合、いくら調停で決めようが
私に請求されることは明らかです。

非常にしぶりましたが、一度は自己破産しようと心に決めた身。
それが今になるか先になるか、それだけの違いなので了解しました。
調停で住宅ローンの支払い責任を妻側にしておけば、
損害賠償も成り立つという考えも合ったためです。

(しかし一刻も早く妻側家族と関わりを無くしたかった気持ちを後で思い出し後悔しますので
調停の第1回に述べたように、納得いかなければ俄然拒否するべきという学びを得ましたが
これはまたいつか記載します。)


さて、双方が離婚に合意していて
親権で争っていない場合に限り
金銭的な条件面を確定させるよう、強い調整が行われます。

続きを読む

テーマ:離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

前のページ 次のページ

FC2Ad