とまと あんらいぷ…

エンジニアの活動記録とかつぶやきとか

GitHub
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Python モジュール定義の基礎の基礎

WindowsでPython シリーズ その21


前回の例外処理で、一通りPythonのヨチヨチ歩きは終了したと思う。

今回はモジュール定義について記載する。
モジュール定義と呼び出し方には様々あるが、色々使いすぎるとよくないので
今回は基礎中の基礎だけを記載します。
諸々の書き方は次回。

モジュール定義


クラス定義ファイルみたいなもんです。
Pythonではモジュールのまとまりをファイルにして、別ファイルでそれを呼び出すことができます。
まずはモジュール定義

Pythonのラムダ式 sorted関数でタプルや辞書型を並べ替える で作った、printと同時に改行を出力する関数を
print.pyというファイルに作成し保存しました。


この関数は、他のファイルで呼び出すことができます。
importキーワード

キーワードはimport


import文には、ファイル名を記載します。「py」は必要ありません。
importした「print」に対して「.」(ドット)を入力すると、importしたファイルの関数を呼び出すことができます。

Python モジュール定義の基礎の基礎

モジュール定義「print.py」には2つの関数が定義されていて、それをモジュールとして呼び出し
実行している結果が確認できるかと思います。

それにしてもprintというのは、Pythonデフォルトの予約後なので、
できれば他の言葉を使う事をおすすめします。

ではでは。
▼この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます。▼

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dalmore.blog7.fc2.com/tb.php/181-88b1cb97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。