とまと あんらいぷ…

エンジニアの活動記録とかつぶやきとか

GitHub
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

【github:gist】ブログやホームページでソースコードを綺麗に見せる方法【綺麗なソースコードを目指す】

github


タイトルの通り、
ブログやホームページに貼りつけたソースコードを綺麗に見せたいと思う欲求は
ブログ管理者としては自然だと思う。

このブログでも
SyntaxHighLighterというスクリプトを適応してレイアウトを整えています。
方法はこちら
fc2ブログでソースコードを綺麗に表示する。(SyntaxHighLighter 3.0)
サイトの手順どおりにやれば問題なく綺麗になりました。

ただ・・・
ソースコードの前後にスクリプトタグを書かないと駄目だし
ブログの管理画面で編集していると記事が長くなってしまうんだよね。

ソースコードを貼り付ける理由


備忘録としてソースコードを張り付けている理由が大半を占める。
ただし、公開したソースコードに不具合が見つかっても、ブログ記事を修正するのは面倒くさい。
そうなると間違った古い情報を公開し続けてしまい
情報発信源としてはよろしくない。

理由はもうひとつあって、
ソースコードをWEB公開するってことは、ふざけたことが書けないってことなんだよね。
無意識のうちに「見られる」コードを書くようになる。
スキルアップも含まれてるんだね。


私は多分エンジニアだけど、デザイナさんなんかは
ポートフォリオサイトを作成して、随時自分のスキルを公開してる。
エンジニアには、ポートフォリオサイトなんてものがなく、
仕事でソースコードを大量生産してもレビューもおぼつかないまま納品されることが多い。
だから現場にはスパゲッティが溢れ返っているのだと思う。

というわけでgithub


オープンソースを主な仕事にしているエンジニアさんはよく知ってるかもしれない。
エンジニア用のポートフォリオサイトみたいものです。
自分のソースコードをバージョン管理付きで保存できる機能があります。
おまけにブランチもできて、他人様のソースコードにマイルストーンを置いて、派生することもできる。
「ソースコードを見せてくれ」と言われたらどうぞと提供できるようにしておけばいいのかな?

このブログでは、SyntaxHighLighterを使ってソースコードのレイアウトを整えているけど
github:gistに保存したソースコードを、ブログに貼り付ける事ができるようだ。


こんな感じ。Sql Server のバックアップスクリプトです。

もっというと人様のソースコードも貼り付けれるみたい。
しかも言語によっては色付き。


(これって引用できていることになるのかな?
リンク先に飛べば人様のものとわかるから大丈夫でしょう・・多分。)

やり方は簡単。
githubアカウントを登録します。
github:gistという機能を使って、ソースコードを保存。

github:gistの詳細画面で「embed」 をクリック
gist1

すると埋め込みスクリプトが表示されるのでコピー
gist2.PNG

ブログかホームページにペっと貼り付ければ
github:gistの引用を埋め込むことができます。

ソースコードはgithubで管理してブログに貼り付けておけば
いつでも最新のコードがブログ上で見れますね。
色分けは乏しいかもだけどこのほうが良いかも?

githubについて


そもそもGitHubとは一体何か?
にある通り、埋め込みができる機能はgithubのおまけでしかないです。
本来の力はソーシャルバージョン管理機能として認識すれば絶大な力を発揮すると思います。
バージョン管理はMSのTFSやSubversionを使いなれている人にとってはとっつきにくかったりするという噂も聞くけど
シェアが広がってるので覚えておいて損はないと思う。
▼この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます。▼

スポンサードリンク

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dalmore.blog7.fc2.com/tb.php/49-630ebd4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。