とまと あんらいぷ…

エンジニアの活動記録とかつぶやきとか

GitHub
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

離婚調停 陳述書の公開(第6回)

前回離婚調停 陳述書の公開(第5回)の続きです。

離婚調停も終盤を迎えました。

私は、元配偶者が住んでいる住宅ローンの支払いと
自身の生活の支払いを行なっていたので経済的に全く機能しておらず
離婚しないにしても、住宅を売却して住宅費負担を減らし
お互い同じ水準の生活を送りたいと訴えかけておりました。

それでも、離婚はしない、マンションの売却にも応じないという回答だったので
「自己破産するしかない」と心を決めた途端、離婚請求を行われました。
これには調停員さんもびっくりしたようで「よかったですね」と言われました。

相手方の主張は以下の通りでした。
①離婚する
②マンションの売却は行わず名義変更は1年後に行う。
 それまでの間、住宅に関連する費用は妻側で支払う。
③親権は妻側とする
④養育費は審判により決める

住宅費用を払う??お金ないって言ってたのでは・・・
というのが調停員さんの第一の疑問でした。
それに対して、婚姻生活中から、元妻の家族が殆ど我が家のように出入りしていたので
支払いには問題ないと思いますと回答しました。

ただし、住宅ローンの名義変更は私のままで
マンションの名義だけを妻にすることは非常に問題です。
というのは、銀行から住宅ローンの融資を受けるときには
必ず私かその家族が居住していることが条件となっているのです。
それが破られたとなると、ローン残高を一括して返却するように請求されても仕方がありませんし
万が一元妻側がローンの滞納を行った場合、いくら調停で決めようが
私に請求されることは明らかです。

非常にしぶりましたが、一度は自己破産しようと心に決めた身。
それが今になるか先になるか、それだけの違いなので了解しました。
調停で住宅ローンの支払い責任を妻側にしておけば、
損害賠償も成り立つという考えも合ったためです。

(しかし一刻も早く妻側家族と関わりを無くしたかった気持ちを後で思い出し後悔しますので
調停の第1回に述べたように、納得いかなければ俄然拒否するべきという学びを得ましたが
これはまたいつか記載します。)


さて、双方が離婚に合意していて
親権で争っていない場合に限り
金銭的な条件面を確定させるよう、強い調整が行われます。


養育費だけ審判で決める


さて、①離婚の合意がとれ、②マンション(財産分与)についても合意が行われました。
③親権についても争っていません。
あとは④養育費だけになります。

養育費は前年度の所得によって算出されます。
もちろん、その外部要因として親の援助(収入面)だったり
環境も考慮されます。
住宅ローンを支払うと言ってきている以上、それなりの収入があるということが判断されます。

したがってその所得を元に試算された場合、
離婚せずに住宅ローンを支払い続けていくよりも
さらに生活が厳しくなる状態でしたが、多少は・・・という妥協も含まれていたと思います。

が、しかし
なんと、所得収入を0円だと申請していたのです。
私はサラリーマンであり、相手方は商売人一家でした。
商売人、恐るべしです。

私は、離婚するにあたって、双方金銭的な面でもきっちりとケジメを付けるべきだと考えていたので
マンションの名義を私のままにして残すと言うことは相手の収入面を信じて、
相当譲歩したという想いがありました。

それを0円で算出しろというのは、はじめからマンションローンを支払う気などないと判断せざるを得ませんし
その金額で算出した場合は、生活できない!と訴えました。

調停員さんは「ご両親のところに住めば大丈夫」と言います。

あとは金銭面だけの合意なのだから、あなたも離婚を望んでいるでしょう?
だったら、この条件を飲めば離婚できるんだよ!?

という強気の姿勢です。

捨て身の意思表示


そんな決断を迫られている中

マンションは私名義で残し
養育費は試算通り。
親権は相手方。
この流れを感じ、

さすが弁護士を付けただけの価値はあるなぁ。
と、感嘆とした想いが頭をよぎっていました。
もしここで、妥協していたなら今非常につらい思いをしていたと思います。

しかし、自己破産して、一旦リセットしよう。
という決心した強さが効いていたようです。

どうせ相手は「夢のマイホーム」にしがみついているだけ。
こうなったら、相手の要求も私の要求も全て破棄してやる。

「私からの離婚請求を取り下げます。そこまでして離婚しなくても、一旦自己破産して、正当に婚姻費用を支払ますので、婚姻費用の算出をしてください。」

と言い放ちました。
調停員さんは非常に焦っていましたが「相手に伝えます。」
といい、しばらく席を離れました。
どうやら、別室で待機している弁護士と妻にその内容を伝えに行くようです。

しばらくして戻って来ました。

一旦離婚に合意している以上、相手方弁護士の頭の中は
いかに良い条件で離婚するかに切り替わっているはずです。

三者三様の考えが全く違うベクトルに動いている瞬間だったとおもいます。

・調停員さん:離婚させ、この訴えを早く解消したい。
・相手方:良い条件で離婚したい。
・私:もうどうでもいい。結婚という書類で縛られているなら、とことん付き合ってやる。

私の「もうどうでもいい」オーラはただ交渉のために出したものなのですが
調停員さんはあっさり見破り
「交渉、上手だねぇ」と苦笑いしてボソリ。

それでも
別居から約1年間も相場以上の婚姻費用を支払い
子供にも会わず、連絡もできない状態で
マンションも残すという交渉にも応じたのに、
養育費だけは相手方の言う収入0円での算出を求めるのはあんまりじゃないですか?
そんなこと言うなら、私も今の職場にいづらいですし、一旦退職するので
お互い0円で算出しましょうよ。
確かに、それぞれを個別に考えた時、法定通り算出するのは正しいですが
それであれば、マンションも売却してきちんと精算したい。

という私の希望も加味してくれたようです。

結果的に、現時点の収入と相手方が(本当は)ある程度収入があることを加味した
金額で決着することとなりました。

こうなることも踏まえて相手方が交渉の席についていたのなら
完全に掌の上で転がされていたことになりますが・・・

調停調書の作成


さて、離婚することも条件も決まりました。
後は調停調書を作成し、当日に離婚確定となります。

調停調書作成においては、調停内で決まったことを文書化し
その内容に間違いが無いか、双方に確認する場を設けることとなります。

ここで初めて、離婚調停の中で元妻と同室に集い
文書化した調停調書を調停員さんが読み上げていきます。

ここで1年ぶりぐらいに妻の顔を見ました。
この場で、初回子どもとの面会日を決めましょうという流れになり

私はクリスマスイブを指定。
すると

「へぇ~ 会いてるんや~。」

と・・・
ここ、家庭裁判所だったよなぁ・・・とぼんやり思いました。

相手方弁護士さん、若干下向き。

調停員さん「・・・彼がその日を指定してるんですが、どうですか?」

と少し強い口調で。

とまぁ、やっぱり調停してよかったと思える瞬間でした。
普通に協議離婚は無理だったなと。

調停を終えて


調停調書は、少し違和感のある文章があったものの
受け入れることにしました。

その内容というのは、手切れ金としていくらか渡すと提案していた部分について

「乙(私のこと)は、○○円支払う事を認め」という記載です。
なんだか悪いことをしたから、支払う慰謝料みたいです。

「慰謝料」として明記されることもあるようなので、よしとしました。

調停調書作成後、調停員さんから「まとまってよかったね^^」的な空気を無理やり作られ
解散して離婚成立です。

あまりの嬉しさにスキップして帰りました。

さいごに


以上が私の離婚調停のいきさつです。
しかし、マンション名義を残したことで、後々まで厄介に巻き込まれることになりますが
それはまた別の機会に・・・・

このシリーズでは
突然離婚を言い渡されたり、離婚調停をどうすすめてよいか不安な方が
少しでも流れや心境をイメージできたらよいなと思って
提出した陳述書を全て公開し、思いや行動を書いていたのですが
いつのまにか私の主観や、作戦、思いが混じってしまっている事を
まずはお詫び申し上げます。

結婚生活において、どちらかの親が出てきた時点で相当な溝ができています。
その出てきた親が本当に中立の立場を取れなければ、なお歪んでいきます。

そうならないように、相手と向き合い、
気持ちを裸にして理解し合えるパートナーとなるよう
お互いが相手を思いやっていく事が大切だと学びました。

どうか皆様に幸あれ。
▼この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます。▼

スポンサードリンク

テーマ:離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dalmore.blog7.fc2.com/tb.php/74-bdc8bf5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。