とまと あんらいぷ…

エンジニアの活動記録とかつぶやきとか

GitHub
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

【Microsoft Outlook】メールのフラグが、To Do バーに反映されない時の確認ポイント

To Do バーに設定したフラグを表示させる


Microsoft Outlookを使っていると、「分類」や「フラグ」を活用して
タスク管理を行うことが多いと思います。

通常、送受信したメールの右側についている「フラグ」を設定することで
以下のイメージのように、
To Do バーに仕事として登録できます。

Microsoft Outlook フラグ

できるのですが、
To Do バーのプロパティや検索条件を見ても全く問題がないのに
どうにもこうにも、フラグが全く反映しないときがある。
そんなときは、To Do バーではなくメールボックス側の設定を疑ってみましょう。

プロパティを開く

プロパティを開いて・・・

To Do バーに表示

「このフォルダのアラームと仕事を To Do バーに表示する」にチェック
これで表示されるようになります。

スポンサードリンク

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dalmore.blog7.fc2.com/tb.php/98-d546ca5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。